日本ロングトレイル協会


レポ


Report
第7回 ロングトレイルフォーラム


 2014年5月31日(土)・6月1日(日)、大分県国東市、国東半島峯道ロングトレイルを会場に第7回ロングトレイルフォーラムが開催されました。

 5月31日のフォーラムには、全国から約380名の参加があり、国東半島峯道トレイルクラブ会長の林浩昭氏から現状報告と、観光庁スポーツ観光推進室 谷正也氏、シェルパ斉藤氏の講演。
 続いて第2部のパネルディスカッションでは、信越トレイルクラブの木村宏氏をコーディネーターに活発な意見交換がなされました。

 6月1日のエクスカーションでは、2つのコースを合わせ約80名の方々がトレイルを歩かれました。気温が高い中でしたが、皆さん無事ゴールされました。


ロングトレイルフォーラム in 国東半島〜ロングトレイルと世界農業遺産
【第7回 全国ロングトレイルフォーラム】

◇主 催 国東半島峯道トレイルクラブ
◇共 催 日本ロングトレイル協議会
◇後 援 大分県、国東市、豊後高田市、国東市観光協会、豊後高田市観光協会、観光庁
・期 日 2014年5月31日(土)13:00〜17:00
・会 場 アストくにさき アストホール(大分県国東市)
・参加費 無 料

スケジュール時間次第 (敬称略・順不同)

記念講演
「世界のロングトレイルと国東半島峯道ロングトレイル」
 シェルパ斉藤 (紀行作家 バックパッカー)
報告 [報告1] 「ロングトレイルを活用した観光活性化について」
 谷正也 (観光庁スポーツ観光推進室)
[報告2] 「ロングトレイルと世界農業遺産について」
 林浩昭 (国東半島峯道トレイルクラブ会長)
[報告3] 「ロングトレイルの現況と期待されるもの」
 中村達 (日本ロングトレイル協議会代表委員)

パネルディスカッション
「日本の歩く旅のトレンドとその魅力について」
 パネリスト
  前川正彦 (高島トレイルクラブ代表理事)
  米川正利 (八ヶ岳トレイルクラブ理事長)
  荻野邦彦 (大分県ウォーキング協会会長)
  小野辰浩 (宇佐市観光協会事務局長)
  堤栄一郎 (豊の国千年ロマン観光圏観光地域づくりマネージャー)
  高橋誠一 (国東半島峯道トレイルクラブ事務局長)
 コーディネーター   木村宏 (信越トレイルクラブ事務局長)

 次回ロングトレイルフォーラム開催及び視察ツアー予告
  霧ヶ峰・美ヶ原 中央分水嶺トレイル
閉会
※19時より交流会がありました

戻る
 
日本ロングトレイル協会  INDEX 設立について 組織 加盟トレイル お問い合わせ

 INFORMATION コラム メディア NEWS  ▲ このページのトップへ

安藤スポーツ・食文化振興財団は、
ロングトレイル普及促進のお手伝いをしています。

© 2016- 特定非営利活動法人 日本ロングトレイル協会