日本ロングトレイル協会


レポ


Report
スノーカントリートレイル シンポジウム

主催 雪国観光圏推進協議会
共催 日本ロングトレイル協議会
後援 観光庁・みなかみ町・みなかみ町観光協会

 2012年3月22日(木)群馬県利根郡みなかみ町にて『雪国観光圏推進協議会』主催の
『スノーカントリーカフェ2012』が開催されました。
 当協議会も共催しており、当日は1部講演会、2部パネルディスカッション共に、
約100名様がお越し頂き盛況の内に終演となりました。

●第一部 講演会
 「スノーカントリートレイルの概況、現況、展望、スキームについて」
   雪国観光圏スノーカントリートレイル準備室 田中正人
 「記念講演」
   バックパッカー シェルパ斉藤
 「山岳観光地におけるロングトレイルの展望」
   国土交通省観光庁スポーツ観光推進室長 坪田知広
 「なぜ、いまロングトレイルか?〜歩く時代の背景を考える〜」
   アウトドアジャーナリスト 中村達
 「高島トレイル80kmのビジネスモデルについて」
   高島トレイル 前川正彦

●第二部 パネルディスカッション
 テーマ「スノーカントリートレイルの意味を考える」
  パネリスト:バックパッカー シェルパ斉藤/高島トレイル 前川正彦/
         スノーカントリートレイル準備室 田中正人/雪国観光圏推進協議会事業推進委員長 富井松一
  コーディネーター:アウトドアジャーナリスト 中村達

 あらためて、ロングトレイルというムーブメントが加速している事を実感すると共に、
当協議会の重要性も再認識することができた、大変有意義なシンポジウムでした。


戻る
 
日本ロングトレイル協会  INDEX 設立について 組織 加盟トレイル お問い合わせ

 INFORMATION コラム メディア NEWS  ▲ このページのトップへ

安藤スポーツ・食文化振興財団は、
ロングトレイル普及促進のお手伝いをしています。

© 2016- 特定非営利活動法人 日本ロングトレイル協会