日本ロングトレイル協会


加盟トレイル


Trails infomation
十勝ロングトレイル 奥津軽トレイル 岩手山・八幡平・安比高原 50kmトレイル
みちのく潮風トレイル 信越トレイル ぐんま県境稜線トレイル 浅間・八ヶ岳パノラマトレイル
八ヶ岳山麓スーパートレイル 塩の道トレイル 霧が峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル
金沢トレイル 高島トレイル 比良比叡トレイル 大江山連峰トレイル
ダイヤモンドトレール 山陰海岸ジオパークトレイル 広島湾岸トレイル
石鎚山系ロングトレイル 国東半島峯道ロングトレイル 整備中・計画中トレイル
十勝ロングトレイル


全長
100km
歩いて食べて十勝を満喫する地産地消巡礼の旅...
とかちロングトレイルクラシックは4日間かけて100km歩く旅です。
十勝ロングトレイル
   写真を拡大する

見渡す限り広がる農村風景のなかをゆっくりと歩くコースを設定し、拠点では地場産品の料理を提供します。トレイルの沿線には牛や馬、羊などが放牧され、とうもろこしなど様々な作物の畑や、都会では見ることのできない天の川が広がる満点の星空など、十勝の魅力を知っていただけるポイントをご用意しています。歩く楽しみとあわせて、地元の食材を堪能していただける日本の食糧基地〈十勝〉ならではのトレイルです。

公式サイト


奥津軽トレイル



全長
117km
日本三大美林と謳われる青森ひばの森と、それを運んだ日本初の森林鉄道軌道跡を巡るロングトレイル。奥津軽の歴史・文化に触れ、里山の自然に癒されます。
奥津軽トレイル
   写真を拡大する

奥津軽トレイルの舞台である「青森ひばの森」は、地域経済の要として藩政時代から厳格に保護され、その運搬に活躍していた津軽森林鉄道は青森県の産業近代化遺産です。ひば林特有の空気感の中で、いつの間にか身体も心もリフレッシュ! 軌道跡のゆるい勾配のビギナー向けから、津軽半島の分水嶺を越える健脚向けまで多岐にわたるコース設定です。神々しい巨木をお楽しみあれ!

公式サイト


岩手山
・八幡平
・安比高原 50
kmトレイル

全長
50km
岩手県と秋田県境の奥羽山脈に連なる岩手山から裏岩手連峰、八幡平、安比高原へとたおやかな峰々が続く約50qのロングトレイルです。
岩手山・八幡平・安比高原 50kmトレイル
   写真を拡大する

日本百名山の岩手山、八幡平、我が国有数のリゾート地安比高原へと標高2,000mから1,500mの山並みが続くロングトレイルです。多くの温泉宿や山小屋を基点に高山植物、池塘群、ブナの二次林のなか登山からトレッキング、ハイキングが楽しめます。
国の特別天然記念物岩手山焼走り熔岩流やみちのくに春の訪れを告げる残雪の裏岩手連峰開山祭、みちのくに春を告げる八幡平ドラゴンアイの目覚め、八幡平の高山植物が短い夏を謳歌するがごとく咲き乱れます。新緑のブナの原生林、カエデ群が織りなす紅葉の安比高原は白銀のステージへの序章として訪れる人々に潤いと四季の感動を与えてくれます。

公式サイト


みちのく潮風トレイル



全長
1,025km
みちのく潮風トレイルは、青森県八戸市蕪島から福島県相馬市松川浦までの全長1,000kmを超えるロングトレイルです。
みちのく潮風トレイル
   写真を拡大する

みちのく潮風トレイルは、環境省、ルートが通る4県28市町村、民間団体、地域住民の協働でつくられました。東北太平洋沿岸ならではのダイナミックな景観に富んだルートが特徴です。人々の暮らし、歴史・文化、森里川海がもたらす豊かな恵み、やませや津波などの自然の厳しさが重なり合いながら繋がっています。また、「名取トレイルセンター」では、トレイル沿線の5施設と連携してトレイル全線の情報を収集しハイカーに提供しています。バックパックを背負いスルーハイクするには1.5〜2ヵ月かかりますが、セクションハイク、デイハイクを楽しむこともできます。ぜひ東北に住む人々のあたたかい笑顔に会いに来てください。

公式サイト


信越トレイル



全長
80km
長野と新潟県境の里山を巡る全長80キロ。西の斑尾山から東の天水山まで、ブナの森が美しく、豊な自然と歴史・文化を感じる国内でも稀な本格的ロングトレイル。
信越トレイル
   写真を拡大する

長野と新潟の県境・標高1,000m前後の関田山脈のほぼ尾根上に延びる全長80kmのロングトレイル。ブナ林に育まれた自然豊なこの山脈は、かつて信濃と越後を結ぶ交通の要所として16もの峠道が存在し、越後からは塩や海産物が、信濃からは内山和紙や菜種油が運ばれ、また戦国時代には上杉謙信が川中島の合戦の際に何万もの兵を連れて峠越えをしたとも言われている。6箇所のサイトを利用してテント泊での縦走もできる。

公式サイト


ぐんま県境稜線トレイル


全長
100km
群馬と新潟・長野の県境に位置し、稜線の長さでは国内最長(約100km)となる山岳ロングトレイルです。
ぐんま県境稜線トレイル
   写真を拡大する

群馬と新潟・長野の県境稜線約100kmを主要ルートとしたロングトレイルであり、国内のロングトレイルの中でも稜線の長さは最長となります。
谷川岳や四阿山といった日本百名山を含み、中央分水嶺からの雄大な景色を楽しめるほか、沿線のみなかみ18湯、四万温泉、草津温泉、万座温泉といった著名温泉地で旅の疲れを癒やすことができます。 首都圏からも近く、初級者から上級者までレベルに応じた楽しみ方のできる魅力満載のロングトレイルです。

公式サイト


浅間
・八
ヶ岳



パノラマトレイル

全長
63km
浅間連峰を背景に、畑と田んぼ、たくさんのため池や点在する雑木林など、多様な里山の自然と歴史が楽しめるトレイルです。
浅間・八ヶ岳パノラマトレイル
   写真を拡大する

本トレイルは、小諸市にある安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター(略称:安藤百福センター)を起点として、畑と田んぼ、そしてたくさんのため池や点在する雑木林など、雄大な浅間連峰を背景に、箱庭的に凝縮された多様な里山の自然と歴史が満喫できる全4コース23kmと、浅間ロングトレイル(懐古園)と八ヶ岳山麓スーパートレイル(春日温泉)を結ぶ、全長40kmのトレイルで構成されています。

公式サイト



ヶ岳山麓



トレイル

全長
200km
日本列島のほぼ中央部に位置する八ヶ岳連峰の山麓を周回する約200kmに及ぶ『歩く旅の道』が、八ヶ岳山麓スーパートレイルです。
八ヶ岳山麓スーパートレイル
   写真を拡大する

日本列島のほぼ中央部に位置する八ヶ岳連峰の山麓を周回する約200kmに及ぶ『歩く旅の道』が、八ヶ岳山麓スーパートレイルです。 長野、山梨両県にまたがる12市町村を経由し、平均標高でおよそ1,500mラインの登山道、自然歩道、散策路、林道、歴史街道、国・県道、などをつなぎながら、八ヶ岳山麓の豊かな自然と歴史・文化に触れていただけるように設定しています。

公式サイト


塩の道トレイル

全長
120km
日本海から太平洋までの約350kmに及ぶ塩の道は、
歴史文化を育んだ信仰の道
塩の道ロングトレイル
   写真を拡大する

日本海から太平洋までの約350kmに及ぶ塩の道は、糸魚川市から北アルプス山麓に添い千国街道・松本街道を南下し塩尻に至る「北塩ルート」と、相良から掛川を経て秋葉街道に入る「南塩ルート」で構成される。この塩の道は、古代はヒスイや黒曜石、中近世は塩を代表する物流生活物資の道、歴史文化を育んだ信仰の道。

公式サイト



ヶ峰
・美
ヶ原



中央分水嶺トレイル

全長
38km
信州の真ん中を走る中央分水嶺に沿った、全長約38kmのトレイル。稜線上からは信州の名峰の数々や日本百名山中41座が望める。
霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル
   写真を拡大する

標高1,400mに位置し、アイスクリームが都市部で大人気の長門牧場をスタートし、蓼科山の麓に広がる女神湖、白樺湖を経由。中信高原国定公園の霧ヶ峰高原や歴史の道中山道を通り、終点の美ヶ原高原を目指す約38kmのトレイル。高原ドライブルート「ビーナスライン」に沿った中央分水嶺のルートには、四季折々の高原植物や眺望が訪れるハイカーを魅了する。全体的になだらかな勾配が多く初心者から愛好家まで幅広く楽しめるルート。

公式サイト


金沢トレイル


(整備中)
全長
70km
金沢の城下町、里山や医王山を歩いて獅子吼高原までつづく歴史や文化、自然の魅力や人の営みにふれることができるトレイルです。
金沢トレイル
   写真を拡大する

歴史と風情が伝わる金沢城公園から重要伝統的建造物群のひがし茶屋街、卯辰山山麓寺院群の道。ほっと和む四季折々の雑木林の表情を体感し、山間地の暮らしや里山保全活動にふれることができる里山地域の道。泰澄大師が開山した金沢市と富山県砺波市にまたがる標高939mの山塊である自然豊かな医王山や獅子吼高原までの道です。金沢の奥座敷「湯涌温泉」では、ゆっくりと温泉を堪能することもできます。金沢トレイルは、金沢の魅力満載の歩く道です。

公式サイト


高島トレイル



全長
80km
琵琶湖水源の森から中央分水嶺に立ち、自然と人間の共生の営みが営々と続いてきたこのトレイルを、私たちと一緒に歩いてみませんか。
高島トレイル
   写真を拡大する

滋賀県の西北に位置する高島トレイルは、マキノの愛発越(あらちごえ)から今津の山並を経て、朽木の三国岳へ至る80kmに及ぶ道であり、日本列島の日本海側と太平洋側を区切る中央分水嶺の中央部にあって、東西南北の気候や植生を合わせ持つ、とても貴重な存在といえるでしょう。トレイルを歩けば、あちこちから望むことができる琵琶湖と若狭湾は、このトレイルが中央分水嶺であることを教えてくれます。

公式サイト


比良比叡トレイル



全長
52km
琵琶湖の西岸に、南から北へ山々が連なって見える。南は世界遺産の比叡山、北へ主峰の武奈ケ岳など比良山地が続く、絶景の道。
大江山連峰トレイル
   写真を拡大する

奈良時代から山岳信仰の道であった比叡山を、最澄は仏教修行の場と定め修行を積み重ねて 天台宗を開創した。世界文化遺産に登録された寺域は周囲20キロ四方に及び、杉木立の中に つづく道は、過酷な修行の道として「千日回峰行者」が歩く道でもあり、修験者たちの頂上を 目指すだけでない山の歩き方は、全国に広がる「トレイル」と意味を同じくしている。比叡山 から北へ続く比良の山々は、最高峰の武奈ケ岳など1000mを超える峰が15座、眼下に琵琶湖 の絶景を眺めながら歩きます。

公式サイト


大江山連峰トレイル



全長
84km
雲海と鬼伝説で有名な大江山連峰とその周辺の古道を歩く、
自然と文化が共存した魅力あふれるロングトレイルです。
大江山連峰トレイル
   写真を拡大する

京都府北部、日本三景の一つ天橋立の近くに連なる大江山連峰。連峰を縦走する全長16kmの「赤赤縦走路」を中心に、かつて参勤交代の際使われていたという古道などをトレイルコースとして設定しています。縦走路沿いには見事な雲海が見られる絶景スポットがいくつもあるほか、古道には当時の石畳が残る箇所があり、自然と文化の両方を体感することができます。

公式サイト


ダイヤモンドトレ



全長
45km
大阪、奈良、和歌山の県境にある金剛葛城山系の稜線を縦走する長距離自然歩道です。
名前は金剛石(ダイヤモンド)にちなんで付けられ、ダイトレの略称で親しまれています。
ダイヤモンドトレール
   写真を拡大する

ダイトレは、春に山頂がつつじの赤で埋め尽くされる大和葛城山、秋に山頂がススキの原になる岩湧山、冬の寒い日には山頂一帯が樹氷に覆われる金剛山など、四季折々の自然の美しさを体感できます。
また、ルート周辺には奈良県指定天然記念物のどんづる峯を始め、多くの遺跡や寺社などが点在し、歴史文化も楽しめます。

公式サイト


山陰海岸



ジオパクトレイル



全長
230.9km
海岸線の自然道を中心とし、砂浜、岩石海岸、砂丘、登山道など多様な道を歩くことができ、山陰海岸ジオパークの雄大な自然、歴史文化等を楽しめます。
山陰海岸ジオパークトレイル
   写真を拡大する

このコースは、有名な鳥取砂丘や浦富(うらどめ)海岸などの海岸線のルートをつなぐ自然道を中心とし、砂浜海岸、岩石海岸、砂丘、登山道など多様な道を歩くことができ、駅なども近く交通の便も比較的良いことが特徴です。歩くと山陰海岸ジオパークの雄大な自然の風景、日本海に育まれた漁村の風景、歴史文化といった日本海沿岸の原風景を楽しめます。コンセプトは「海岸わたり、街つなぐトレイル」です。

公式サイト


広島湾岸トレイル


全長
291.9km
広島湾岸の山を川を街を、海を島を越えて、瀬戸内の絶景を友に歩く山旅! 世界でも類を見ない都市隣接周回型の広島湾岸トレイルは、4市5町にまたがる陸路291.9km!
広島湾岸トレイル
   写真を拡大する

市民が立ち上げ開発し、市民が維持管理・運営するトレイルは、47山60峰14峠18河川3瀬戸4島を越えて歩く山旅! 世界遺産は、駅南コースの原爆ドームと、宮島コースの厳島神社。旧海軍で日本遺産の呉市と、旧海軍兵学校の江田島市は瀬戸コース。どこからでも、波穏やかな広島湾と瀬戸の島々が望め、目指す山々が眼前に広がり、振り返れば歩いてきた山並みが見える。その中核にいつも平和都市広島の街々・・・それが広島湾岸トレイル!

公式サイト


石鎚山系


ロングトレイル


(整備中)
全長
60km
石鎚山を中心に、東西約60kmに広がるロングトレイル。
歴史・信仰にふれ、渓谷美や特有の高山植物など貴重な自然にいやされます。
石鎚山系ロングトレイル
   写真を拡大する

西日本最高峰、標高1,982mの石鎚山の主峰天狗岳を中心に瓶ヶ森、伊予富士、笹ヶ峰など個性豊かな山が連なります。山系に沿って標高1,100m〜1,700mを通る西日本で一番空に近い道「UFOライン」からは各山を5分〜2時間程で登頂できます。仁淀川と吉野川の源流部があり、変化に富む地形と地質、渓谷美、特有の高山植物などの自然も魅力です。石鎚山は日本七霊山の一つで信仰の山とされ、古来より生活と密接な関係にあります。平家の落人伝説や鉱山の遺構などの歴史にもふれることができます。

公式サイト


国東半島峯道




ロングトレイル


全長
124km
ここは日本の原風景が色濃く残る神仏習合発祥の地。 国東半島を歩く旅。それは失われかけた日本人の精神
国東半島峯道ロングトレイル
   写真を拡大する

国東半島峯道ロングトレイルは、国東半島で古くから行われてきた六郷満山峯入行のコースをベースとし、最終的には総延長150キロメートル超のトレイルを考えています。 コース上には、宇佐神宮の奥宮である御許山や国の重要文化的景観に選定された田染荘、奇岩絶鋒の景観が美しい中山仙境、半肉彫りされた仁王像と五輪塔群で有名な旧千燈寺跡、国東半島第2の高峰である文珠山など、国東半島の魅力が存分に詰まったコース仕立てとなっています。

公式サイト


整備中

計画中




トレイル
南房総ロングトレイル
南アルプスフロントトレイル
浅間ロングトレイル
美ヶ原高原ロングトレイル
白山 白川郷トレイル
・伯耆国ロングトレイル
 
日本ロングトレイル協会  INDEX 設立について 組織 INFORMATION お問い合わせ

 レポート リンク コラム メディア NEWS  ▲ このページのトップへ

安藤スポーツ・食文化振興財団は、
ロングトレイル普及促進のお手伝いをしています。

© 2016- 特定非営利活動法人 日本ロングトレイル協会